« denormalize問題 | メイン | 卒業 »

2006年03月03日

OpenAL

あたらしいIntelmacのmac miniが発表されて
いよいよMacOSXが身近になってきたようなきがせんでもない今日この頃

そろそろMacOSXがあたらしいデモターゲットか・・・
ってことでそろそろデモもマルチプラットフォームに対応したい今日この頃。
まぁSystem Kのグラフィックコード大部分はOpenGLで書いてるから
特には問題ないが、サウンドがWin依存だ・・・。

ってことでOpenALで書き直してみた。
OpenALはMacは標準サポートされてるし、
LinuxもLGPLでオープンになってる。
WinはCreativeが意欲的に配ってるみたいで、
SBはいれるとドライバと一緒にはいってるし
かの3Dmark06もOpenALつかってるようなので
そろそろ業界標準かなと・・・

つーわけで、実装したものDownload file
内容はsincl作のHalfExの曲とkioku作のテスト曲の
EXE−Musicがはいってます。
Win,MacOSX,linux版バイナリいれときました。
まぁソースはKSynth2XTのコアコードがはいってるんで
もうすこし非公開ですねぇ(^ ^;
付属のバイナリが手持ちのlinuxで動かない場合はあきらめてください(w

なんかwin,macではちゃんと動くコードがlinuxでは
ちゃんと音がならなかったり・・・ちょっとなやんだ。
linuxは思いのほか制約があったりしますねぇ。

投稿者 kioku : 2006年03月03日 16:39