« SSE化 | メイン | ompf »

2008年06月23日

続・レイトレ

前回SSEにしたら20%しか速くならなかったと書いたが、
移植中にレイの方向による条件分岐がぬけていた。
それを復活させたら倍くらいになったwww。やっぱり結構ちがうもんだね。
まぁそれでも、あと倍くらい速くならないと、論文とかの数値とあわない。
今のところブッダ10kTriで2fps@1024x1024くらいで
論文でもsyoyoさんのはなしでも4,5fps@1024x1024くらいなので後倍くらいでるようだ。

まぁ一番遅いところはレイと三角形の交差判定で、計算上
1024x1024で4,5fps出そうとおもうと、1ピクセルあたりの平均交差判定が
0.5回くらいになってないとだめなきがする。
俺の平均交差判定回数は・・・・・・1.2回くらい・・・うーむ、出直してきますwww
ブッダだと画面の半分くらいのピクセルで交差判定する必要があるから
そこもだいたい1ピクセルあたり1回くらいで判定する必要があるわけだが、
今の俺のルーチンだと6,7,8回とかやってたりする。ちょっ

あと、平行してやってるPetite Light Render2だが、サムネの通り大体できた感じ。
これをやってて、わかったのが、今の俺のルーチンだと重なってる面があると判定が激重になる
なんかロジックと関係してるきがするなぁ。
Petite Light Renderはそのうちこっそり公開しますw

投稿者 kioku : 2008年06月23日 01:13