« メタセコ使いのmodo移行への手引き(その1) | メイン | 2chparty2009 »

2009年07月26日

メタセコ使いのmodo移行への手引き(その2)

さて、前回に引き続きmodoネタです。
今回は加工系の覚書。
私がメタセコでよく使う操作ショートカットをかいておきます。


プリミティブ作成:
 メタセコではPキーでプリミティブ作成を呼び出せますが、
 modoではそういったショートカットは無いようです。
 左のメニューからプリミティブのボタンを押して呼び出す。
 基本的にメタセコよりもプリミティブの種類が多い。

べベル(押し出し):
  メタセコではよく、立方体(Pキー) → 面選択 → 押し出し(Eキー) → ・・・ → ベベル(Eキー)
    → 曲面化(オブジェクトリストから設定)
 とやったりしますが、同様のことをmodoでやろうとすると
  立方体(左のメニューから) → ポリゴンモード(3キー) → 選択モード(Qキー) → 面選択
    → 面ベベル(Bキー) → ・・・ → 面ベベル(Bキー) → 曲面化(TABキー)
 modoの面ベベルはシフトとインセットというのがメタセコでいう押し出しとベベルが
 1つになっているようなかんじ。マウスドラッグ↑で押し出し方向。
 CTRLを押しながら↑ドラッグで押し出しだけになる。
 曲面化はTABキー。(面を選択してると、その面だけ曲面化されるので注意)

 おまけとして、辺を選択してるときは、辺ベベル。点を選択してるときは、点ベベルになる。
 意外に便利。というか、かなり便利。

ポリゴン分割(ナイフで面を切断):
 メタセコでは面を分割するときにKキーでナイフで面を切断か、接続面を連続切断をする。
 modoではループスライス(Alt+C)が接続面を連続切断としてつかえる。
 接続面を選択し、Alt+Cをおして、マウスドラッグすると、切断辺の位置を調整しながら
 切断位置を決定することができる。
 ナイフで切断はShift+Cのスライスツールで行う。

マテリアル設定:
 メタセコでは新しいマテリアルを設定するときにはマテリアルリストでマテリアルを新規作成
 した後に、Mキーのマテリアル設定モードでポリゴンに対して選択しているマテリアルを
 設定することができる。modoでは、操作が少し逆になる。

 まず、新たにマテリアルを設定したいポリゴンを選択する。
 そのあとMキーを押すとマテリアルのダイアログがでてくる。ここで新しくマテリアルを作成したい
 場合は”名称”のところに新しいマテリアルの名前を入力する。すでに作成されているマテリアルを
 設定したい場合はドロップダウンボックスから選ぶことができる。
 メタセコのマテリアルリスト相当のものは、右のシェーダツリータブのRenderというツリーを開くと
 マテリアルというツリーが増えているのが確認できる。
 いろいろ項目があって見づらい場合は”フィルター”でマテリアルを設定すると見やすくなる。

その他:
 編集作業中にモデル全体を見たい場合は Aキー
 選択しているモデル部分を見たい場合は Shift+Aキー

まぁとりあえず、今回はこんなとこですかねー

投稿者 kioku : 2009年07月26日 22:52